« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

発泡スチロールで生き物をつくった・・・(夏の教室)

学生の「夏の教室」、もうひとつの工作は、発泡スチロールですきな生き物をつくってみました。

それぞれアイディアを紙に描いてから、大き目の発泡スチロール板で制作にとりかかりました。

さかな、昆虫、鳥・・・・すきなものならなんでもいいけど、なるべく面積の広いもの、という約束で・・・。

そのわけは、作品を見ていただければわかると思いますが・・・・。



 Dscf8748_640x508_2 Dscf8746_640x602

  Dscf8645_640x480

 Dscf8643_640x480 Dscf8738_640x529




 Dscf8641_640x480 Dscf8644_640x460

 Dscf8639_640x472_2

 Dscf8744_640x330_2

 Dscf8700_640x480_2

 Dscf8736_640x421

 Dscf8735_426x640_2  Dscf8732_640x623

               デッカイのが出来たね~(*゚▽゚)ノ




  それぞれの形の中にいくつかの部屋または小宇宙があります。

  その中にすきなものをたくさんつめこんだり、ぶら下げたり、生やしたり・・・・。

  気持ちがいっぱいつまった作品になりましたヽ(´▽`)/

 

 

                 

 


  









 







  








 

2015年8月27日 (木)

アルミホイルのまゆだま(ピコピコ虫)と遊び場・・・(その2)

アルミホイルのピコピコ虫のつづきです。

 Dscf8792_640x605  Dscf8724_640x480




  Dscf8728_640x631  Dscf8715_640x480_2
  
  Dscf8716_640x480_3  Dscf8722_640x480

  Dscf8713_640x480_3  Dscf8565_640x478

  Dscf8562_640x479  Dscf8725_640x480

    こんなふうに両手で持って、傾けながらピコピコ虫をあそばせます。

    慣れてくると、狭い道を通らせたり、穴をさけて通らせたりも自由自在です(*^-^)

         Dscf8789_640x515_2

 




          

 







 


  







    



  



  



  





    

2015年8月25日 (火)

アルミホイルのまゆだま(ピコピコ虫)とその遊び場作り・・「夏の教室」 

「夏の教室」が先週で終わりました。

小学生クラスは、コースに分けて2種類の工作をやりました。




まず、アルミホイルとビー玉による「ピコピコ虫」とその遊び場を作るコースの報告です。

「ピコピコ虫」というのは、アトリエではそう呼んでいるのですが、昔からある俵ころがしの原理で

アルミホイルの中のビー玉がうごいて、ピコピコ面白い動きをしてまるで生き物のように転がるのです。


アトリエでやった玉の作り方は低学年にはちょっと難しかったのですが、なんとかみんな成功しました。

もう少しかんたんな方法もネットで紹介されていることを後で知ったのですが・・・。

今回は玉よりも、ダンボールでピコピコ虫の遊び場を作ることに時間をかけました。



    Dscf8695_640x480

    
  ↑ まゆだまのような形をした、アトリエでの通称「ピコピコ虫」。

      中にビー玉が入っていて、坂道をピコピコ転がります。

      そっと持たないとつぶれますが、フタ付のカップに入れてシェイクすると

      もとに戻ります。(写真は一人分)




  Dscf8651_640x480

  
↑ ピコピコ虫を遊ばせるために いろいろ工夫しています。穴をあけても生徒によって

  落とし穴だったり、プールとかおふろだったり・・・。トンネルやすべり台作ったり・・・・。

  アクリルガッシュで色をぬると、すばらしい作品になりました!!


   Dscf8679_640x480    Dscf8671_640x480
  Dscf8659_640x480  Dscf8664_640x480_2

  Dscf8683_640x480  Dscf8674_640x480

  Dscf8678_640x480 Dscf8681_480x640_2

  Dscf8682_640x480


    宇宙や動物、いろんな世界がひろがりましたね。

    二日間(約5時間半)みんな夢中で作っていました(*゚▽゚)ノ 

       (同じ内容で、3クラスやりました。今回の記事はそのうちの1クラスです。後は次回に。)
    
   
















   






   

2015年8月15日 (土)

発泡スチロールの首ふり動物

「夏の教室」幼児クラスの2日目は、首ふり動物です。

厚さ2cmの発泡スチロールをポリポリちぎって動物の顔を作りました。

胴体はティッシュボックスを半分にカットしました。

1回の授業で完成させるので、箱のカット、首やしっぽのヒモで吊るす部分はこちらでやっておきました。

ユニークな動物がたくさん生まれました。  あ、動物じゃないのもいるみたいです・・・(*゚ー゚*)

   

   Dscf8549_640x480 Dscf8547_640x480_2





  Dscf8548_640x405 Dscf8550_640x480


  Dscf8552_640x480 Dscf8629_640x480


  Dscf8622_449x640_2  Dscf8625_479x640


  Dscf8626_640x478  Dscf8624_480x640


  Dscf8628_640x463  Dscf8729_640x546





 
 風でゆらゆら首やしっぽがゆれて、かわいい(*゚▽゚)ノheart04


     -----:*--------------*------------*-------------------*****-------


     作り方のヒント

  Dscf8686_640x480   Dscf8689_640x480

   ティッシュボックスをカットして         首の部分(重りを前と後ろにつける)


  Dscf8691_640x480   Dscf8694_640x480

    しっぽ(重りを前だけにつける)        ヒモで首としっぽを吊るします


    重りにはナット(10グラム)とおはじきを使いました。

 

 

  
   
  
  


      


















  


  

 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ