« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

折り紙を貼った雪の絵

 今年の冬は、東京はあまり雪はふりませんでしたが、幼児、低学年は雪の絵を描いてみました。

はじめに、折り紙でゆきの結晶を切り、紺色、青などの色画用紙に貼りました。

六角形の結晶にしたり、四角形だったり・・・・たっぷり時間をかけていろんな結晶ができました。

その周りにクレパスなどで、すきなものを描きました。1日目はここまでです。

次の回では、梅鉢パレットでいろんな色の雪を作りながら、好きなだけ画面に降らせます。

細かい雪、大粒のぼたん雪、色も雪に近い白っぽいのからあざやかな色まで、それぞれの個性が

出ています。

 


   Dscf7897_640x480

                       Dscf7905_640x466_2


  
                  ↑  年少男子   筆から直接とばすのに夢中になりました。 


   Dscf7908_640x471_2


       
      
 ↑  年長女子  上のほうにトナカイとサンタさんが・・・。

                                       Dscf7909_640x473_2

                       
   ↑  年長女子   動物たちをしっかり描きました。

   Dscf7907_640x474_2

      
↑  小1女子   細かい雪をいっぱい描きました。おおきなゆきだるまもステキ!

                      
Dscf7906_640x473_4

                   
  ↑  小2女子   ふんわりした春の雪の感じですね。
                         


                                                   
  それぞれの雪、楽しんで描いていますね~ ヽ(´▽`)/   
                        
      
   
 

    
   
   
   


   



   


2015年2月15日 (日)

空き箱のキリンさん

年少さんのT君、このところ3回かけてキリンさんをつくりました。

はじめは、タイヤがみつかったので空き箱で車をつくるつもりだったのですが、空き箱をたてに

どんどん高く積み上げて、とちゅうで「キリンさんにしよう!」と思い立ちました。きっかけはキリンさん模様の

折り紙をみつけたからでした。首にキリンさん模様の折り紙を貼って、頭にちょうどいい空き箱を

さがして・・・・、 しっぽもつけて顔も・・・・、とどんどんT君のキリンになっていきました(゚▽゚*)

   
Dscf7796_538x640_2

                                                      Dscf7795_472x640


      Dscf7880_480x640 Dscf7883_480x640

   ↑ 出来上がりの全体像      右はしっぽの部分。モールにボタンやビーズを通しました。


     
Dscf7881_456x640


  ↑ なんといっても顔がステキ!!  頭の上には粘土のイチゴがのっていますflair

            ※  どうやっておうちに運ぼうかな~~(゚ー゚;

2015年2月 7日 (土)

ペットボトルでビーズをつくる

炭酸飲料のペットボトルを持ち寄ってもらって、だいぶたまったので、とりあえず「実験」ということで、

試してみました。生徒がそれぞれ好きなペットボトルを選び、油性ペンやポスカ(水性)で

模様を描いてから、ボトルの真ん中の凹凸のない平らな部分を細かくはさみでカットしました。

ネットの記事を参考に、1cm×2cmくらいの縦に長い長方形にカットし、トースター(900W)で


熱してみました。1分くらいで、クルクルまるまって、ビーズになるもの、あとちょっとというところで

隙間があいてビーズにはならないもの、変形したりほとんどまるまらないもの・・・・

ペットボトルによって結果はさまざまです。

これは「実験」なので、自分のがビーズになるかならないか、生徒たちはわくわくして待つことが出来て、

楽しい授業になりましたheart01

 

    Dscf7761_640x480_2


↑ 細かく模様を描きました。カットするのがもったいないくらい!

 

 



    

 Dscf7830_640x505

  ↑ ボトルの真ん中の部分を小さな四角形にカットします。

 

 

    はじめは1cm×2cm、2回目は2cm×4cmまたはもっと大きく。

 

                下はカットしているところ。

   Dscf7817_640x509_3

  

 

    カットできたら、しわしわにしたアルミホイルの上にならべます。


    トースターは900wで、余熱を4~5分しておきます。

 

     トレイははずして、アルミホイルを直接網にのせました。

     約1分くらい熱すると、クルクルまるくなります。時間はペットボトルによって違います。

    

       実験した中で、成功した(ビーズになった)ペットボトルは今のところ、

    ただの炭酸水(CO-OP)500ml、CCレモン500ml、スプライト1500mlなど。

   同じ製品でも、たくさん出来たり、できなかったり・・・まだまだ不明のことが多いです。


 

  ↓  ビーズの出来上がり!

Dscf7813_640x478

 

  そして・・・・

    Dscf7804_640x464

      うまくビーズにならなかったのは、さらに熱すると大体3~4分で溶けて、さめると

      きれいな石のような貝殻のようなものになります。これは今回の大発見でしたshine

      生徒たちは「こっちのほうがいい!」という子も多くて、大喜びでした。


    Dscf7833_640x514

        Dscf7873_640x479





    Dscf7811_640x479_2

                       Dscf7829_640x497

     ↑  ペットボトルの口のほうと、底をつなぐと上のようなかわいいボトルができます。

         これに出来上がったビーズや貝殻のようなものを入れてガシャガシャいわせて

         持ち帰りました(^-^;   (左側の円筒がビーズになる部分です。)

       
       Dscf7843_640x474



                        

 

 









    
                            


     

 

 

    

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ