« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

点々を結ぶ絵 (未完成)

点々を80個、油性ペンで画用紙全体に打ってつなげる絵。7月はじめの課題です。

80個打つのも簡単ではありません。30個、30個、20個と打つ子、20個を4回打つ子、

40個ずつ打つ子・・・・「なんか多いんじゃない?」「あ、120個打っちゃった」。

数えながら画面全体に打つというのは、小さい子にとっては結構難しいようです

どうしても数えているうちに狭いところでくっつけて打ってしまう子もいました。

大騒ぎしながらようやくみんな80個?打ったことにして・・・・いよいよ点と点を結びます。

 クレヨンを使って、1点からもう一つの点へまっすぐの線を引きます。

1度通った点はもう通れません。線を交差させるのもなしです。

全部つないだら、今度は画面の中からいろんな形を発見して、イメージを膨らませて描き加えて

いきます。みんな同じ点々から始まって、みるみるうちにそれぞれの個性が出てくるのは驚きです。

(ここまでは1日目・・・絵の具は次回です。)

 

 

 

 

Dscf4350_620x465

Dscf4347_620x465

Dscf4346_620x465

Dscf4341_620x465

Dscf4348_620x465

Dscf4343_620x465

Dscf4342_620x465_2

Dscf4345_620x465_3

Dscf4344_620x465

  出来上がりが楽しみです・・・・(*゚▽゚)ノ

 

 

 

 

2013年7月23日 (火)

インク流しを絵にする・・・・(1)

カラーインクを流したあと、すきなイメージで絵にしてみました。

インクの鮮やかな色がイメージを導くのでしょう。

Dscf4406_620x465

  上

小4女子

  「うちゅうのみち」

Dscf4407_620x465

    中
  

   小3女子

   「七夕のかざり」

Dscf4410_465x620_2 

   

   下

      小3男子

   「天国とじごくにつながる木」

2013年7月22日 (月)

ペットボトルの水族館

1学期も今週で終わりです。

最後の週はクラスによってまちまちの内容です。それぞれのクラスなりにすっきり終わらせたいので。

水曜日の低学年クラスはペットボトルの水族館を作りました。昨年の夏、一部の生徒だけ

やったもので、LED三色ライトにのせるとキラキラ光ってとてもきれいなのです。

ペットボトル(500ml)に水を入れて、その中に透明シートに油性ペンで描いた絵を入れます。

お魚とは限らず、電車だったり、動物、おうち、何を描いてもいいのです。Dscf4405_620x465

それから、キラキラひかるクッション材を入れ、ビーズや貝殻もいれます。

クッション材は2つまみくらいがちょうどいいです。ボトルに入れると

フワッとひろがります。

Dscf4370_620x465_2

  ほんとのこと言うと、上の写真は左のだけ生徒作品であとは試作品です。

 今回はボトルを安定させるために 粘土で土台も作ったのです。

 生徒たちにはそれが楽しかったようでとてもよかったのですが、1回の授業でやるには

 大忙しで、こちらは写真撮ることなどすっかり忘れていました。

 土台は粘土も乾いてないからアトリエに置いて、生徒たちはボトルだけ持ち帰ったあと

 一人だけ忘れて置いていった生徒がいたので、それを撮ったというわけです。

  みんなの撮りたかったなぁ・・・・(ノд・。)

  下は乾燥中の土台です。

Dscf4399_620x465

    

2013年7月 8日 (月)

「夏の教室」参加者募集中です !

今年も「夏の教室」が近づいてきました。3日連続の楽しい工作会です。

夏だけ参加される方も大歓迎です。今年は年長さんも小学生と一緒のクラスになります。、

前期、後期のどちらかを選んでください。

☆ 内容・・・・木片を使った車ほか。

☆ 日程・・・・[前期]      7/30(火) 31(水)  8/1(木)

                         時間  p.m.3:30~5:20

             ※希望者が多い場合はp.m.1:30~3:15のクラスも設けます。

         [後期]     8/26(月) 27(火) 28(水)

             時間  p.m.3:30~5:20

            ※最終日は少し延長する場合もあります。

☆ 費用・・・・幼児(年長)5500円   小学生 6000円(材料費含む)

           ※費用はふだんのアトリエの授業料と同じです。

☆ お申し込みはお電話かメールでお願いします。

             (先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)

           ℡  042-488-3174  山本 (なるべく午前中に)

            eメール  hoshiato@ozzio.jp 

              最寄り駅   京王線つつじヶ丘 (北口)深大寺行きバス

                                    宮の上下車徒歩2分

                  ※詳しくはお問い合わせください。

下は昨年の「夏の教室」風景 (明かりをつくりました)

※詳しい様子を知りたい方はコチラ→2012年前期後期     

Dscf2129_620x465 Dscf2196_620x487 Dscf2155_620x515 

      ※ 2013年の「夏の教室」は締め切らせていただきました。

2013年7月 6日 (土)

ペットボトルの車・・・・(年長クラス)

アトリエに来て間もない年長さんふたり(男の子)と、ペットボトルの車を作りました。

はじめての生徒さんは、何がすきかわからないのであれこれ悩みますが、こればかりは

はずしたことがありません。夢中で作ってくれるのでこちらも嬉しいです。

はじめに500mlので一緒につくり、次に350mlのを自分たちでつくってもらいました。

羽根をつけたら、「こんちゅうみたい」とうれしそう!

Dscf4326_620x465_2 Dscf4329_620x465_2  

      中にはフワフワボールや貝殻、発泡スチロール片などを入れました。

2013年7月 4日 (木)

カラーインクを流す

何年か前に買ったスポイド付きのカラーインクを使ってみました。

ハケに水をたっぷりふくませて、画用紙に中心になる太い川のような線を描きます。

次にスポイドでインクを垂らします。さーっとひろがる色もあれば、溜まっている色もあり、

色の成分によるのか、べつの理由なのかわからないけど、何枚かやってみないとコツが

つかめません。川の周りに筆で水たまりを作り、川との間を水路でつなぎます。

うまくいくと、川に溜まっていたインクが水路を通って水溜りに流れ込みます。

水が紙にしみこむ前にやらなくてはならないので、時間との勝負です。

生徒たちにとっては、短いけど緊張感あふれるひとときでした。

  ※わかりやすいので川として説明しましたが、生徒たちがイメージしているものは

  川とは限りません。植物だったり、別の生き物かも・・・。

Dscf4336_620x465

Dscf4335_620x465_2 Dscf4339_620x465 Dscf4337_620x465 Dscf4340_620x465 Dscf4338_620x465

このあとまわりも描く予定なのですが、このままでも充分作品としての

完成度があります。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ