« 油絵・・・・(小学上級生) | トップページ | 夏の教室(幼児・後期)・・・・透明シートの明かり »

2012年8月27日 (月)

発泡スチロールの容器で明かりをつくる(2)・・・小学生

夏の教室(後期)が終わりました。

小学生クラスは前期と同じく、発泡スチロールの容器で明かりを作りました。

Dscf2126_620x465  低学年の生徒が多かったのですが

 みんな一生懸命です。

 この明かりのポイントは、容器に穴をあける

 ことです。あけにくい穴をハサミであけます。

 完成すると、ここから明かりがもれてとてもきれいです

 

 次にまわりに好きな形の、はなびらや手足や Dscf2133_620x443_4   

 ・・・いろいろ自分のイメージ通り

 つけていきます。材料はすべておわんを

 使います。

 

 

 材質はとても弱いので、雲竜紙を表面に

 貼ります。1枚貼るだけで丈夫になります。

 でも、はなびらなどたくさんつけた生徒は、

 紙を貼るのは大変な作業でした。

 雲竜紙がかわいたら、油性ペンや透明

 カラー紙でデザインします。

 最後にダンボールの台紙につけます。壁掛けタイプは台紙の裏からライトを出し入れします。

           まるでいそぎんちゃくのようです !

         Dscf2196_620x487         

  Dscf2197_620x415

     Dscf2176_620x493                                                               

  左は 「土星」

   小4男子

                                                             

          

     Dscf2214_620x465_2                                                                        

      カレー用の容器を使った作品

     小4女子

    ※鳥のかたちのようです 

« 油絵・・・・(小学上級生) | トップページ | 夏の教室(幼児・後期)・・・・透明シートの明かり »

小学生の絵と工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485412/46844093

この記事へのトラックバック一覧です: 発泡スチロールの容器で明かりをつくる(2)・・・小学生:

« 油絵・・・・(小学上級生) | トップページ | 夏の教室(幼児・後期)・・・・透明シートの明かり »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ