« テイッシュボックスに好きなものをつめこもう !・・・(小学生クラス) | トップページ | 夏の教室(幼児)・・・ペットボトルの水族館 »

2012年8月 5日 (日)

夏の教室(小学生)・・・・発泡スチロール容器で明かりをつくる

Dscf1992_620x465_3   (小2女子)

夏の教室(前期)が昨日終わりました。

小学生クラスは、発泡スチロール製の使い捨てのお椀を使って、明かりをつくりました。

準備であれこれ試作しているうちに、発泡スチロールの容器が光を通すことに気がついたのです。

ハサミを使ってたくさんの穴をあけると、そこから漏れる光がきれいです。

お椀を好きなかたちにカットしてボンドでくっつけると、生き物や不思議なものが出来てきます。

弱い材質なので、表面に雲竜紙をうすめたボンドで貼ると丈夫になります。

さらにその上から、光を通すカラフルな紙を貼ったり、油性ペンで描いたりします。

ダンボールで台紙を作り、真ん中をくりぬいて、裏側からLEDライトを出し入れできるように

しました。壁掛けタイプと置くタイプ、好きなほうを生徒に選ばせました。

Dscf1986_620x465

  

 ※ LEDライトは3色に変化する

  タイプと、変化しないタイプ。

  変化しないほうは接着できる

  ので、壁掛け用に。

Dscf2008_620x465

 

 右の作品群は未完成の段階で、

  2日目の夜に撮りました。Dscf2049_620x465

Dscf2048_620x465

  小2女子の完成作品

  中心部分は油性ペンで、虹のように

  ぬりました。てっぺんに針金でハチを

  つけました。花にハチが飛んできた  

  ところのようです。

  太陽のようにもみえますね。すてきな

  デザインです。ライトは3色タイプ。

Dscf2064_620x465_2 

Dscf2078_620x457

 

 

 最終日(3日目)の余った時間でオリジナルのマグネットを作りました。

 マグネットシートをハサミでカットして、樹脂粘土やビーズなどを接着しました。

 持ち寄った空き缶のフタに アクリル絵の具をぬり、マグネットをくっつけて持ち帰りました。

  

  

« テイッシュボックスに好きなものをつめこもう !・・・(小学生クラス) | トップページ | 夏の教室(幼児)・・・ペットボトルの水族館 »

小学生の絵と工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485412/46577323

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の教室(小学生)・・・・発泡スチロール容器で明かりをつくる:

« テイッシュボックスに好きなものをつめこもう !・・・(小学生クラス) | トップページ | 夏の教室(幼児)・・・ペットボトルの水族館 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ