« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

夏の教室(幼児・後期)・・・・透明シートの明かり

夏の教室、幼児クラス(後期)は、はじめの2日間で明かりを作りました。

 1日目

材料は透明のシートと油性ペン、アクリル絵の具、2ℓのペットボトル、ダンボール、LED3色ライトです。

シートにたくさんの窓を描いて油性ペンでぬったり好きなものを描いたりします。

そして窓の中は残して、まわりをアクリル絵の具の白で裏側からぬります。

次に、底を3cmほどカットしたペットボトルのなかにラップや透明ポリシートをシワシワにして入れます。

アトリエの隅の暗いところでライトにかぶせてみると、ペットボトルの中がきらきらしてきれいです。

みんなワクワクしてきました。あとは明日のお楽しみ !

 Dsc_0516_465x620                

 Dscf2125_620x465_3                                 

Dscf2123_620x465_4   

 2日目  

   シートに油性ペンで描きたしたり、透明の折り紙を貼って、部屋の隅っこで

  ライトをつけて試してみました。まだ付け足すので円筒に接着しないで、クリップでとめて見ます。

  これで満足、となったら、両面テープで円筒にして完成です。

 Dscf2155_620x515

  きれいだね~!

   色がゆっくり移り変わっていき、油性ペンで

  描いたかたちも消えたり出たりします。

Dsc_0520_620x465_2 

Dscf2143_620x461

   

 真っ暗の部屋では

  こんな感じです。

2012年8月27日 (月)

発泡スチロールの容器で明かりをつくる(2)・・・小学生

夏の教室(後期)が終わりました。

小学生クラスは前期と同じく、発泡スチロールの容器で明かりを作りました。

Dscf2126_620x465  低学年の生徒が多かったのですが

 みんな一生懸命です。

 この明かりのポイントは、容器に穴をあける

 ことです。あけにくい穴をハサミであけます。

 完成すると、ここから明かりがもれてとてもきれいです

 

 次にまわりに好きな形の、はなびらや手足や Dscf2133_620x443_4   

 ・・・いろいろ自分のイメージ通り

 つけていきます。材料はすべておわんを

 使います。

 

 

 材質はとても弱いので、雲竜紙を表面に

 貼ります。1枚貼るだけで丈夫になります。

 でも、はなびらなどたくさんつけた生徒は、

 紙を貼るのは大変な作業でした。

 雲竜紙がかわいたら、油性ペンや透明

 カラー紙でデザインします。

 最後にダンボールの台紙につけます。壁掛けタイプは台紙の裏からライトを出し入れします。

           まるでいそぎんちゃくのようです !

         Dscf2196_620x487         

  Dscf2197_620x415

     Dscf2176_620x493                                                               

  左は 「土星」

   小4男子

                                                             

          

     Dscf2214_620x465_2                                                                        

      カレー用の容器を使った作品

     小4女子

    ※鳥のかたちのようです 

2012年8月15日 (水)

油絵・・・・(小学上級生)

油絵は生徒によって一つの作品が完成するまでの時間がかなり違うので、

なかなかまとめてご紹介できません。夏休み前と夏休み中にいくつか完成したので、

ご紹介します。                  

  Dscf2098_476x620_5  

                                                                                  

           

  小6男子 (タイトル未定)

  はじめての油絵です。

  何度もぬり重ねてやっと完成させました。

          

Dscf2097_477x620_2

 小6女子

「なにかがいる花道」

Dscf2096_517x620_2

   小6女子

    「流れ出しそうな道」

    この2作品は、同じ作者のものです。

    色合いは似ていますが、違った感じになって

    いて興味深いです。

    油絵はじめて2枚目(上)と3枚目(下)です。

  ※下の作品は、別の紙に自由に線で

  ドローイングした中から好きなところを選んで

  絵にしました。

                     

   

       

        

       

2012年8月11日 (土)

果物や野菜を描く

8月の2週目は、果物、野菜、ひまわりなどを描きました。(上級生中心のコース)

鉛筆デッサンする生徒、アクリルで果物を描く生徒、筆ペンとパステルで花や野菜

を描く生徒・・・・。ふだんあまりものを見て描かないので、見て描くこと自体が生徒たちには

新鮮なようです。ものを見て描くのも楽しいものです !

Dscf2082_620x502

Dscf2080_620x465

Dscf2094_620x431 

    Dscf2092_620x443_3                                 

  振り替え授業で参加した

    小1男子の作品

   筆ペンとパステル

   ※パプリカを半分にカットしたものと、

   なし、ソルダム、シワシワの紙。

                                         

 

         

2012年8月 6日 (月)

夏の教室(幼児)・・・ペットボトルの水族館

さあ、何をしようかな。

3日連続は幼児にはちょっと長いかも・・・それにこの暑さ。

飽きないように楽しく、がポイント。

 まず500mlのペットボトルで水族館を作りました。水をいっぱいにして、小さな貝殻をいれます。

それから、透明のフイルムシートに油性ペンですきなものを描きます。水に入れたいものなら

魚に限らずなんでもいいよ~、と声をかけます。描けたらシートをまるめて、ペットボトルに入れます。

2~3枚入れたら、ラップを軽くシワシワにして入れます。なぜかというと・・・次に

LED3色ライトにこのボトルを乗せてみると・・・・ペットボトルの水族館が、キラキラ光りながら、

青、緑、赤、むらさきと色を変えていきます。ラップのシワで光が乱反射するのです。

 Dscf2035_465x620                  

Dscf2036_465x620

  

Dscf2039_465x620

 その後、ペットに片面ダンボールに穴を

 あけてかぶせてみました。(1日目)

 2日目は

 カットしたダンボールなどを付け加えて、

 木のような、たてもののようなものができました。

      (年長男子)

 

 

           Dscf2042_465x620

  その後、小学生クラスの課題である、発泡スチロールのおわんで、すきなものを作ってみました。

  ウサギの頭を作って、作者本人の思いつきでてっぺんにのせたら・・・・ふしぎなライトができました。

  それにしても、このウサギの耳といい顔の表情といい・・・とても自然で生き生きしています。

  しかもほんの短い時間で、こちらが気がつかないうちに出来てしまいました。

  小学生なら、もう少し考え込んでしまうところです。

      ※お断り・・後期は同じ内容とは限りません。参加人数や顔ぶれによって変更します。

        また、幼児の場合、状況に応じて変えることも多いのです。今回もそうですが

        いわば、成り行きにまかせるということも必要だと思います。

    

    

    

2012年8月 5日 (日)

夏の教室(小学生)・・・・発泡スチロール容器で明かりをつくる

Dscf1992_620x465_3   (小2女子)

夏の教室(前期)が昨日終わりました。

小学生クラスは、発泡スチロール製の使い捨てのお椀を使って、明かりをつくりました。

準備であれこれ試作しているうちに、発泡スチロールの容器が光を通すことに気がついたのです。

ハサミを使ってたくさんの穴をあけると、そこから漏れる光がきれいです。

お椀を好きなかたちにカットしてボンドでくっつけると、生き物や不思議なものが出来てきます。

弱い材質なので、表面に雲竜紙をうすめたボンドで貼ると丈夫になります。

さらにその上から、光を通すカラフルな紙を貼ったり、油性ペンで描いたりします。

ダンボールで台紙を作り、真ん中をくりぬいて、裏側からLEDライトを出し入れできるように

しました。壁掛けタイプと置くタイプ、好きなほうを生徒に選ばせました。

Dscf1986_620x465

  

 ※ LEDライトは3色に変化する

  タイプと、変化しないタイプ。

  変化しないほうは接着できる

  ので、壁掛け用に。

Dscf2008_620x465

 

 右の作品群は未完成の段階で、

  2日目の夜に撮りました。Dscf2049_620x465

Dscf2048_620x465

  小2女子の完成作品

  中心部分は油性ペンで、虹のように

  ぬりました。てっぺんに針金でハチを

  つけました。花にハチが飛んできた  

  ところのようです。

  太陽のようにもみえますね。すてきな

  デザインです。ライトは3色タイプ。

Dscf2064_620x465_2 

Dscf2078_620x457

 

 

 最終日(3日目)の余った時間でオリジナルのマグネットを作りました。

 マグネットシートをハサミでカットして、樹脂粘土やビーズなどを接着しました。

 持ち寄った空き缶のフタに アクリル絵の具をぬり、マグネットをくっつけて持ち帰りました。

  

  

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ